「蚤の市雑貨を使った 生活を楽しむコツ」


7月・第6回の特集のお題は、

「目にさわやかな古雑貨の夏」 



暑い夏を少し涼しく過ごせるような雑貨たちで楽しんでみました。

ちょっとした工夫と気分次第でさわやかに目に映る色々をご紹介します。





 


色数を押さえて、すっきりと。

白や透明色、青系統ですっきりとした空間を
お人形も夏の装いで涼しげに。
リネンのふわりとした軽さも、目に心地よさそうです。



小 さなブローチなど 各種 





 


プチサイズの香水たちから、小さなきらめきを

テスターやコレクション用のプチサイズボトルだから、重くなりすぎず丁度いい印象の軽さです。
鏡を下に敷いて、涼しげな効果を楽しんで。



 
うりきれ





 


空想の水の王国に遊ぶ。

メタルの魚が泳ぎ、レースと糸の波が灯台に打ち寄せる。
透明なバスタブで涼をとるペンギン君が主人公です。

すずしげなモチーフの小物たちを楽しんで。




うりきれ





 


一転、雨降りの日々が続いたら。。。

雨の日々にどうやって遊ぶ?というタイトルの絵本を。
6歳から遊べる、28通りのアイデアが楽しい一冊です。イラストもかわいい!





les jours de pluie...





 


オマケに・

つばめの流線型が涼しい一枚をチラリ。


フランス郵便局 ラ・ポスト が昔作ったハンカチ、こんなに可愛らしいのです。
色違いのつばめが県番号のカードをくわえています。

マルセイユのあるブーシュ・ドゥ・ローヌ県は13。マルセイユ市8区は008。
ということでウチの郵便番号は13008となるわけでございます。

古さがわかるのは、現在のイル・ド・フランス県ではない名前になっている75番。パリのある県です。


 





気軽に涼をとる工夫、古雑貨でもどうぞお試しください。







次回・8月の 「蚤の市雑貨を使った生活を楽しむコツ」 は、留守のためお休みとなる予定です。
ご了承くださいませ。


それではまた次の回でお会いしましょう。


7月1日 Chez K. サクマ







トッ プページに戻る